一般の電気工事

工具

電気工事を行うときは工具が必要になります。この工具は電気工事の施工内容によって利用するものが変わります。例えば電工ナイフというものです。これは電気工事士の試験でも使用することがあるのですが、電線剥離を剥くときなどに利用します。電気工事を行う際に、電線を傷つけないように丁寧集中して利用する道具です。電気工事を行う方であれば必ず持っているひと品です。

安全性

電気工事の仕事は高い位置での仕事もありますし、感電の恐れもあるため危険が伴います。そういった電気工事の仕事では必ず、ヘルメット・安全帯・安全靴を着用します。ヘルメットは頭を怪我しないように、安全帯は電気工事の道具を取り付けることも可能です。安全靴は物が落ちてきても痛みを感じないようにできています。電気工事は工事内容によって危険度が変わりますが、どの電気工事でも一般的な仕事より危険があるため電気工事を行う際はこういった危険を回避する衣服を着用するのです。

一般電気工事とは

一般電気工事とは、コンセントの増設など小さい電気工事から配電盤の取替えなど少し大掛かりなものまでいろいろあります。基本的には一般家庭で行う電気工事のことを指します。この他、行われる電気工事としてはエアコン工事やアンテナ工事です。家の電気の不具合が合った際、家を建てた建設業者に相談される方も中にはいらしゃいますが、実際に家の電気に関する相談は建設業者より電気工事業者に頼んだほうが万全な対応ができます。