電気工事士法という法律

第一種電気工事士

電気工事士の資格の中でも最も難しい資格は「第一種電気工事士」です、この電気工事の資格は資格試験合格後にも5年間実務経験が必要です。第二種電気工事士の免許を取得したあと、電気工事の経験を積んでいくか、第一種電気工事士権に合格した跡、認定電気工事従事者を得ながら実務経験を培ってかなければならいない。第一種電気工事士の資格を取りますと、高圧電気の流れるものの電気工事も出来るため、電気工事士を目指す方には第一種電気工事士の資格を取ることをオススメいたします。

電気工事士法

日本には電気工事士法という法律が存在します。この法律は電気工事を生業とするもの、電気工事士が電気工事をする際の資格や義務を定めた法律です。1960年に定められたこの電気工事士法は第二種電気工事士の資格保持者を元にしておりました。しかしその後、高度経済成長で高圧電気の流れるビル等が多く出来、第一種電気工事士にも合わせた電気工事士の法律となりました。

素人工事

電気工事を行う方は、それ相応の知識と経験を積んでいます。簡単な電気工事だからと素人の方が行いますと大変危険です。例えば、電気の流れている配線を、他の配線とつなぎあわせてしまった場合、そのときはよくても数日使いますと電気の流れが弱い方が出火してしまったりショートしてしまう恐れがあります。素人工事は危険性も高いため少しの不具合でも電気工事は危険です。素人工事を行うのではなく、電気工事業者に依頼するのが一番だと思います。